-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

スマホ全盛期だからこそ分かる携帯電話の形の魅力

time 2013/03/17

スマホ全盛期だからこそ分かる携帯電話の形の魅力

いま携帯電話業界はスマートフォンが主流。
各社いわゆるガラケーと呼ばれる通常の携帯電話は少なく、ラインナップが圧倒的にスマートフォンが大きな割合を占めています。
ところでスマートフォン。基本的にはタッチパネルでの操作がほとんどです。大きな画面に電源ボタンと音量の上げ下げのボタン。一時期前はメニューボタンやホームボタンが物理キーの機種もありましたが、いまではそれらもオンスクリーンキーとしてタッチパネルになっています。

スマートフォンってデザインの個性を出しづらく、全面から見てしまえば個性と呼べるほどの違いなどほとんどないように思います。
昔の携帯電話と言えば大抵3~4色展開され、さらに人気の機種は追加で新色が発売されていましたね。形も折りたたみにスライド、ストレート。丸かったり角張ってたり、色に関しても機種の外装全てで色を表現しいたのでひと目で「カラフル」だと展示のモックを見て言えたでしょう。

あぁなつかしい。当ブログでもかつてMy favorite gadgetというコーナーであずまっくすさんにリボルバータイプの携帯電話であるA5502Kなんてご紹介いただきましたが、ほんとにわくわくする形が多かったですね。
最近でももちろん携帯電話はなくなったわけではないですが、少数精鋭のため無難で万人受けするデザインでないと携帯電話として発売されることはないように思えます。

と、今回は昔の携帯電話を懐かしみたくて書いてるわけではありませんでした。
そういった様々な形の携帯電話の中で必ずある共通の特徴をご存知でしょうか。

sponsored link

テンキーに隠された特徴

それがテンキーの「5」の部分にあります。

必ずと言っていいほどこの「5」の部分の突起というのはテンキーの存在します。
携帯電話のデザインでキー部分のデザインは他のデザインに合わせて様々な形をしていますが、ちょこっとだったり少し長細かったりふたつあったり。
これらは私達が文字を打つ時にテンキーの中心が手触りだけで分かるように、地味な役割ですがそれを手伝ってくれています。
この突起があるからこそ私たちは画面で文字が入力されるのを確認しながら、目で見ずともテンキーで文字を打ち続けることが出来るわけですね。多くのひとがスマートフォンになって文字入力に戸惑うのはタッチパネルだから、というよりもこの突起を含めて物理的な感触の有無が大きく関わっていると言えます。

ちょっと携帯電話がおうちにある方はぜひ手にとって文字入力をしてみてください。

そして手を止めて。

どうですか?「5」の当たりに親指が残っていませんか?

電卓から継承されたこの「5」の突起。様々な形をしながらもちゃんと仕事をしてくれている素晴らしいユニバーサルデザインです。

様々な突起

それでは最後に筆者宅にあった携帯電話の突起をご覧頂きます。

【W21S】

W21S_2

W21S_1
テンキーのデザインは青くキー下を囲むようなデザインですね。
その青い部分でぱっと見ではわかりづらいですが、「5」の下にしっかりとあります。
こんなに地味ですが手で触るとしっかりと存在感があります。

【W41S】

W41S_2

W41S_1
斜めの弧を描くキーの形にそってほんの少し、ほんとに少しですがくいっと曲がっています。

【W52SA】

W52SA_2

この機種ではキーがすべてひっついているため、「5」のキー上に突起があります。
光の加減で影も出来るのでとても存在感がありますね。

【W63CA】

W63CA_2

W63CA_1
こちらも存在感があります。もともとキーの下半分が傾斜になっているのですが、それと相反してさらに珍しい縦長の突起があります。
しっかりとデザインのひとつとして組み込まれているような感じです。

【S001】

S001_2

S001_1
スライドのこの機種ではちょこんと小さく「5」の部分に。紹介する他の機種と比べるととても小さいですね。

【SH-11C】

SH-11C_2

SH-11C_1
筆者が唯一ドコモで所持するガラケーがこの機種。
こちらは珍しく突起が「5」の上にふたつあります。

ということで今回はテンキーの突起に焦点を当ててみました。
スマートフォンブームも一段落して、ガラケーもまだまだ捨てたもんじゃない。そう思うこの頃です。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

au

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

特集

雑記



Archive

Category