-MobilePanda-

【ネタバレ有】ドラゴンクエストユアストーリーが自分史上最底辺の評価、という話

time 2019/08/03

【ネタバレ有】ドラゴンクエストユアストーリーが自分史上最底辺の評価、という話
sponsored link

2019年8月2日公開のドラゴンクエストのフルCGムービー「ドラゴンクエストユアストーリー」。
さっそく仕事終わりに観てきました。
タイトル通りネタバレ有。半分愚痴、かもしれない。
※少し加筆修正しました。

名作ドラクエ5を元にしたストーリー

今回のドラゴンクエストユアストーリーはドラクエシリーズの中でもファンの多いドラクエ5を元にしたストーリーです。
主人公をはじめ原作にも登場したキャラクターやモンスターがきれいなCGで蘇ります。

CGに関しては言うことなしです。
ちょっとゲマ・ジャミ・ゴンズの3人は気持ち悪くしすぎかなと思うくらい。

しかしその他はもう「ひどい」としか言いようのない出来。
ここからネタバレが入ります。

sponsored link

誰のための映画なのかという話

今回の映画、最後まで観て思ったのは「誰のための映画なのか」まさにここにつきます。

名作ドラクエ5で綴られる親子三代に渡る壮大なストーリーと、
暗く飾れば復讐の物語とも言える暗く重いテーマ。
晴れてスーパーファミコンで初めてのドラクエとなったドラクエ5は数多くのリメイクとともに多くの世代でプレイされています。
父パパスの死、ビアンカかフローラか(はたまたデボラか)、繰り返される悲劇、果たされる復讐、
数多くの名シーンは他のドラクエのその場その場の物語と違って一貫した重厚なストーリー展開とともにファンの心に強く残っています。

ドラゴンクエストユアストーリーはドラクエ5を元にしつつも「5」を捨て「ユアストーリー」と名付け、
ファンのための映画なのか、大衆受けを狙った娯楽映画なのか、
結果としてどちらにもなれていない、というのが感想です。

幼少期

一瞬。
今回映画化されるにあたってどこまでストーリーが削られどのような物語になるのか、
それは不安であり期待でもありました。
結果としてどこから物語ははじまるのかと思ったら、実は予想していたとおりだったのですが奴隷時代からでした。
そこまで5分少々で幼少期は終了。
ビアンカとの交流も、ベビーパンサーとの出会いも、花嫁選びと同様に語り草となるそのベビーパンサーへの名付けシーンも、一瞬。
ドラクエ史上最悪の嫌われ者とも言えるゲマによって殺されてしまうパパスの死だって一瞬です。

ゲーム本編でおそらく12時間くらいかけてクリアする幼少期ですが、
そのひとつひとつのイベントによりプレーヤーにパパスへの思いが生まれ、
その死は衝撃と、これからの物語の軸を提示するものになったわけです。

つまり、ほんの5分程度の回想で終わる幼少期、
このドラゴンクエストユアストーリーはドラクエ5をプレイして話が補完することができる人でないと真の楽しみを覚えられない、
そういう映画なのかと開始早々思いました。

青年期

ここからご都合主義のひどい展開続き。
もう語るのも嫌になるくらいなわけです。

特にひどかった点をあげていきます。

・序曲乱用
そこは「地平の彼方へ」だろ。

・あまりに唐突なキラーパンサー
ビアンカの...リボン...。

・もっとモンスターを仲間にしろ
結局ベビーパンサー期に助けた恩でついてくるキラーパンサーと、
アンチウイルススラリン(笑)と。
あれ、ブオーンってワンピースの頂上戦争に出てたっけ。

・瞬殺ジャミ・ゴンズ
えっ。

・ミルドラース
とも呼ばれるウイルス。

・いきなりデジタル
急にスーファミソフトだしてくるな。

・そして音楽
いい加減他作品のBGM使い回しはやめろ。

・挙げ句の果てに
ロトの剣?!

青年期に入ってからも全体的なストーリーはしっかりとした流れがなく、
場面場面のぶつ切りの繰り返しでした。
そこに冒険は皆無。バトルシーンはまずまずなんですけどね、冒険している感はないですね。
映画全体を通して「記憶にあるドラクエ5の思い出でストーリーは補完してね」って言われているみたいでした。
ドラクエ5自体をやったことがないひとにとってはなにがなんだかわからない唐突なシーン続きの映画だったのではないでしょうか。

ということでオチ

ドラクエ5を知らない人からするとストーリー展開が理解しきれないぶつ切りかつ早い展開、
ストーリーを補完できるファンからすれば思い入れのあるシーンが壊され続けて見ていられない展開。

山崎貴監督は本当にドラクエ5のファンのことをわかって映画をつくっているのかと思ってしまいます。

とにかくオチがひどい。
必死のパッチでここまでのズタボロな展開を回収するゲマの執念に救われて、
いよいよミルドラースが登場かと思ったら「仮想現実」のドラクエ5をプレイしている未来の若者というオチ。
それがユアストーリーと繋がるわけですが、同時に『過去にドラクエ5をプレイした人達への映画』ということが決定付けられます。
これが本当に僕の中の史上最底辺の評価にドラゴンクエストユアストーリーを落とした一番の要因です。

いわばここまでのファンのための映画にもなれていないという評価が出来上がってしまっているのに対して、
追い打ちをかけるように「あのスーファミにドラクエ5を差してプレイしたみなさんのための映画です」と押し付けがましく言ってくるわけです。
しかもスーファミのドラクエ5のソフトまで出して。
そこで思うのは、

『私がそのスーファミに差して遊んで感動したのはこんな物語じゃありません』

ということ。

あくまでも「原作ドラクエ5」で距離を置いておいてくれればまだ許容しようがあったものの、
「あなたたちが楽しんだドラクエ5を未来の世界では仮想現実をつかってリアルに楽しんでいる」なんて、
結局ドラクエ5の世界であることを明示してしまっているんですから。
まるでそこに感情移入させようとしているんですから。

もう一度言います。

『私がそのスーファミに差して遊んで感動したのはこんな物語じゃありません』

自分が10年後でも20年後でもドラクエ5を仮想現実で遊べますって言われてこんなものをプレイさせられたら?
そりゃブチギレでしょう。
大好きなドラクエ5の大切なひとつひとつのシーンを改変し壊されるくらいならそんな仮想現実体験はいらない。

映画は子供の妄想で多くのひととお金を巻き込んでつくるものじゃないんです。
山崎監督、大人になれ。

ということで自分史上最低「ドラゴンクエストユアストーリー」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

レビュー

個人保存用

雑記



Archive

Category