-MobilePanda-

Anker PowerCore 10000 PD Redux購入しました!

time 2019/09/07

Anker PowerCore 10000 PD Redux購入しました!
sponsored link

久しぶりにポータブル充電器を買い替えました。
さっそくレビューしていきます!

Anker PowerCore 10000 PD Redux

Anker気合の最新モデル

Ankerの最新モデル「Anker PowerCore 10000 PD Redux」。
10000mAhという大容量ながらコンパクトでPower Deliveryにも対応しているのが魅力的なモデルです。

同時発売となった薄型の「Anker PowerCore Slim 10000 PD」と悩んだのですが、
普段使いのカバンをイメージして内ポケットや隙間にも入れやすそうなのでこちらを選びました。
また平たいポータブル充電器の扱い方としてスマホと重ねて利用するイメージがあるのですが、
あれは正直俵型の方が手に収まりやすい、という個人的な意見もあります。

買い換えるにあたって求めたもの

今回買い換えをするにあたって求めたものは「充電速度」でした。
スマホに充電するのはもちろん、ポータブル充電器への充電速度も求め、
「Power Deliveryでとことん揃えたい」それが選ぶ基準でした。

このAnker PowerCore 10000 PDシリーズに関してはポータブル充電器本体への充電も早く、
Power Delivery対応の充電器から充電をすれば3.5時間で満充電することが出来ます。

また小型のものを求めていたという点もあります。
その点では実は現在使っていた5000mAh程度のものを探していたのですが、
Anker PowerCore 10000 PD Redux自体がほぼ変わらない大きさなので「それならこれでいいか!」という結論になりました。

技術の進化はすごい...。

sponsored link

フォトレビュー


Ankerお馴染みの清潔感のある白い箱です。

中身は本体、USB-C&USB-Cケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書。
AmazonのレビューにType-Cの対応のアダプターがないことへのクレームがありました。CtoCケーブルのみ付属です。

メッシュ加工のデザインがとても肌触りがよく、スマホと持っていても手が鬱陶しくなりづらそうです。
またこのようなデザインは傷も目立ちにくいのでGood。


これまで使っていたcheero Power Plus 3 mini 5200mAhとの比較です。一回りくらい大きいですね。

重さはcheero Power Plus 3 mini 5200mAhが約128g。
Anker PowerCore 10000 PD Reduxが約212gです。
ちょっと重さの違いは感じますが許容範囲ですね。

注意点

先述の通り付属されているケーブルはUSB-C&USB-Cケーブルのみです。
充電はそのUCB-Cの口から行うのですが、付属のケーブルで行うにはUSB-Cのアダプターが必要です。

いわゆるmicro USBと呼ばれるBタイプが主流だったこれまでは片方はAタイプでiPhoneのLightningケーブルのアダプターも利用できたので、
知らずにiPhoneの人がこの商品を買うと「え、充電できない」となってしまいます。
それだけ注意が必要ですね。

そんな人はポータブル充電器本体への充電速度を求めないなら、
USB-Cのケーブルは100均でも売っているのでそれを購入するといいと思います。

ということでこれからしばらく相棒になる
「Anker PowerCore 10000 PD Redux」の購入レビューでした!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

レビュー

個人保存用

雑記



Archive

Category