-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

本日発売開始! REGZA Tablet AT500!

time 2012/06/22

本日発売開始! REGZA Tablet AT500!

 

auから初のタブレット「MOTOROLA XOOM Wi-Fi」が発売されたのが昨年の4月8日。

考えてみればそれからauではタブレットの新機種の発売はありませんでした。

XOOMだけでよく1年以上戦ったなと思うところですが、ついに本日タブレットが発売されました。
REGZA Tablet AT500

sponsored link

REGZA Tablet AT500

その名も「REGZA Tablet AT500」!!
アアアッとどこかから声が聞こえてきそうですが、そうです富士通東芝製品です。
細かいスペックなどはいつものように公式HPで確認していただきたいと思います。
公式(http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/tablet/at500/index.html)

今回は購入方法および維持費がどうなるのか、書きたいと思います。


XOOMから変わった新たな購入方式
以前に取り上げましたように、XOOMは今、毎月1145円が最低維持費となっています。

https://mobilepanda.info/au_tablet_xoom_/

https://mobilepanda.info/au_tablet_xoom_2/

 

そして7月からユニバーサルサービス料が改定され3円へと変わりますので、XOOMの維持費もそれに合わせて考えていきたいと思います。
2年間の継続利用を前提とした「サポート特約」という契約方法を取り、
通常であれば最低維持費が2453円であるところ、1310円の毎月割という割引が適用されはじめたことにより、
1143円が最低維持費となりました。
ではREGZATabletはどうなるのか。
今回のREGZATabletはXOOMと同様の買い方に加え、もうひとつ買い方の選択肢が出来ました。
まずは買い方をまとめ、後ほど金額面をまとめます。

①DATA08W契約を紐付けをしたサポート特約(XOOMと同様)
DATA08Wの契約とともにREGZATabletを契約します。
以前の記事にも書いていますが、サポート特約には2年以内の解約の場合に通常の誰でも割(シングル)解除料金とは別に、サポート解除料というのが発生しますので、その解除料に関わる契約がDATA08Wに紐付けられます。
XOOMの最低維持費を1143円と言っていますが、それはWi-Fi運用の場合ではあるものの、
実際に1143円で維持するのは結構容易なことです。
つまりこの契約方式の場合、2年間を通して結局一度もDATA08Wを箱から取り出すことのない人もいるわけです。
モッタイナイ!!
モッタイナイおばけが出てきてしまいますね、これでは。
そこで新しい契約方式がこのREGZATabletから選択可能になっています。(XOOMはREGZATablet発売後も選択不可です)
②音声契約(iPhone4Sを除くスマートフォン及びフィーチャーフォン)との紐付けをしたサポート特約
この新しい契約方式により、無駄なDATA08Wの契約を持つことなく、REGZATabletを購入することが出来ます。
auは以前からかなりWiMAXテザリングに力を入れていたり、HOMESPOTCUBEもなかなか好評なようで、完全にWi-Fi環境に困らない人にとってはまさに選ぶべき購入方法だと思います。
しかし注意しなければならないのが、機種に対して「サポート特約」が紐付くという点です。
そのままのことを言っていますが、つまり2年以内で機種変更をしようとした時に、
通常よりも多額の負担がのしかかります。
ではREGZATabletのサポート特約契約について実際の契約内容について見ていきます。

 
XOOMとどちらを選ぶか。維持費の面からは?
XOOMの場合、発売開始当初にはなかった毎月割1310円があるので、このサポート特約の月額料金が
160円(1470円-1310円)負担で済むわけですが、REGZATabletの場合は毎月割は適用されません。
金額はというと、XOOMが1470円のサポート特約契約に対し、1680円という契約です。
そして、REGZATabletのサポート特約について、XOOMの場合とは2年以内での解除料も異なります。
REGZATabletの場合
0ヶ月~6ヶ月 40320円
7ヶ月~12ヶ月 30240円
13ヶ月~18ヶ月 20160円
19ヶ月~24ヶ月 10080円
25ヶ月以上 0円(サポート特約解除料については不要)
期間に応じて通常の誰でも割(シングル)解除料金に加えてサポート解除料が発生します。

これを踏まえて実際の維持費を出してみると…
・XOOM(DATA08Wとのサポート特約契約、DATA08Wを980円維持)
WINシングル定額980円 + サポート月額料1470円 - 毎月割1310円 + ユニバーサルサービス料3円 = 1143円
・REGZATablet(DATA08Wとのサポート特約契約、DATA08Wを980円維持)
WINシングル定額980円 + サポート月額料1680円 + ユニバーサルサービス料3円 = 2663円

・REGZATablet(音声契約とのサポート特約契約)
1680円のみ。(+音声契約の利用料金)
結局毎月割の金額が大きいので金額的にはXOOMが一番安く維持出来ます。
auスマートパスとビデオパスがタブレット対応開始とのことで

ビデオパスについてはもうちょっと先らしいです。
auスマートパスについては同時開始だとか。XOOMも対応するようです。
金額面、維持費面のことを書いているわけですが、ではタブレットって結局必要なのか??
そこに尽きると思います。
だからこそタブレットというものを持つことに数千円もの維持費を掛けることはなかなか踏み切れないものだし、実際持ったからといって結局持て余してしまいます。
その点auは上手く展開を拡げていっているな、と思うところです。
auスマートパスとビデオパスをスマートフォン以外のタブレットやPCと連携させることの魅力はまた別で書いていきたいと思っているところですが、
正直このふたつで十分に楽しむ幅を提供出来ているな、と思っています。
キャリア手動の利用提案からしたら某アップルなんかよりよっぽどしっかりしているんじゃないかな、とも思ったり。
ということで金額面、維持費面はそれぞれ違うものの、今スマートフォンを持っている人もこれから機種変更を考えている人も、ぜひタブレットは視野に入れていいと思います。
そして、ずっとXOOMのみだったauのタブレットの選択肢についに新たなラインナップが加わりました。
XOOMもICSにアップデートされ、十分にまだ現役だと思います。
スマートフォン+タブレット。
一歩進んだ楽しみ方をぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか?!

では今回はこの辺で失礼しますノシ

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

au

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

特集

雑記



Archive

Category