-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

Xperia XZ3が発表されて

time 2018/08/30

Xperia XZ3が発表されて

ドイツ・ベルリンで開催中の世界最大の家電展示会「IFA 2018」。
そこでXperiaの新機種「Xperia XZ3」がついに発表されました。
詳細を書くというより感想です。

sponsored link

Xperia XZ3

Xperia XZ3ではこれまでとは違ういくつかの大きな変化があります。

①有機EL(OLED)の採用
②サイドセンス
③カメラの起動方法

①有機EL(OLED)の採用

既にBRAVIAのA1シリーズで採用をしている有機ELパネル。
発色のきれいさが特徴です。
スマホではGalaxyやiPhone Xが有機ELを採用していますね。

今回のXperia XZ3はその有機ELを採用し、より美しいディスプレイを実現すると共に、
Xperia XZ2で課題を残すかたちとなった分厚さを解消しとてもスリムなデザインとなりました。
ディスプレイの曲面加工と有機ELの発色とアンビエントフローが三位一体となる美しいデザインとなりました。

②サイドセンス

こちらは本体の側面を使った機能であり、正直なところGalaxyやHTCやAQUOSなど既によく出回っている機能の一種です。
今回のXperia XZ3で注目すべきなのはまさにそこにあって、今ままで搭載しなかったギミックを取り入れていることにあります。

前回のXperia XZ2で搭載されたダイナミックバイブレーションシステムに始まり、
目に見え、そして体感できる新しい機能を意欲的に取り入れていく姿勢が感じられます。

サイドセンスとは本体側面をダブルタップすることでタップ部分から使いやすい部分にアプリアイコンを表示する機能です。
表示されるアプリはAIによる自動判定で時間帯や場所、使用頻度などで予測し選ばれるということです。
また左側面を下に撫でると戻るボタンの操作が出来るという細かい便利機能も搭載。

③カメラの起動方法

これまでの起動方法はもちろんですが、Xperia XZ3ではカメラを撮影するようにXperia XZ3を構えるだけでカメラが起動する「スマートカメラ起動」が搭載されています。

カメラの起動方法に関しては昔からXperiaを使っている僕としては、側面のカメラボタンの長押しで起動できるのでそれになれているので必要性は感じないのですが、
とにかくこの”新しいもの感”が嬉しい。

フロントカメラ(インカメラ)も強化し1300万画素に有効画素数が上がったとともに1/3型裏面照射型CMOSセンサーを搭載。F値は1.9で画角90度で広範囲に撮影出来るようになりました。
そして人物の背景をぼかしたり、美肌処理、肌の明るさ調整、目の大きさの加工、輪郭補正などの加工や補正などにも対応しています。

総評


現在Xperia XZsを愛用している僕にとってそろそろ機種変更を考えたい時期ではあるのですが、
ずっとXperia XZ3ではなくPremiumかなにか上位互換のモデルを考えています。
今回ここまでのリークや噂話を踏まえてIFA2018でのSonyの発表を拝見しましたが、蓋を開けて登場したXperia XZ3の美しさに引き込まれてしまいました。

はやく上位互換モデルの発表がないとついうっかり購入してしまいそうです。
iPhone Xにはじまるここ1年のノッチ搭載モデルの拡大は目を見張る者がありますが、
この上下のベゼルこそ美しくバランスの取れた造形美だと思います。
(強いて言うならば上部スピーカーを下部と同じデザインにしてほしかった)

そして前述の通りの新機能の取り込みにも感動しました。
厚みを改善し、新機能を搭載し、非の打ち所がないモデルとなったXperia XZ3。
はやくau KYOTOで実機を拝見したいと思いました。

ということでXperia XZ3。
SonyMobileの復権に向けてとても意欲的なモデルとなりました。
次はXperia XZ3 Premiumか他のモデルか、今後のXperiaにも期待をしていきたいと思います!

あとこれはどうでもいい話ですが、動きの激しいジュディ・オングさんが映っているプロモーション映像もあります。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

au

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

特集

雑記



Archive

Category