-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

新iPadおよびiPad miniの料金発表!!(端末料金編)

time 2012/11/30

新iPadおよびiPad miniの料金発表!!(端末料金編)

11月30日、ついに待ちに待たれた(?)iPad Retina ディスプレイモデルおよびiPad miniが、
auとソフトバンクから同時発売ということで、
前日の11月29日についに両社端末料金と料金プランを発表しました。

と、いうことで当ブログではauの料金を書いていきたいと思います!!

それでは今回は2本立て。
まずは端末料金編です!!

sponsored link

新型のiPad?11月の頭に発売してたはず?

11月2日に先行して発売が開始されたのが、Wi-Fi専用モデル。
Wi-Fi専用なのでauやソフトバンクの電波を端末そのもので掴むことは出来ません。
公衆無線LANや、自宅の無線LAN、auでいうDATA08WのようなWi-Fiルーター、
また最近名前が知れてきてiPhone5でも対応しているスマホのテザリング機能など、
外部の電波を受信しることによりネットをはじめてすることが出来ます。

今回新たに発売されたのはWi-Fi+4Gモデル(Cellularモデル)ということで、
auやソフトバンクの電波を端末単体で掴むことが出来るモデルです。

端末単体で電波を掴むことが出来るので、
ネットを利用したい時に公衆無線LANを探したり、ルーターと一緒に持ち歩く必要がないので、
手間がなくなる分比較的にネットに繋ぎやすくなります。

端末料金の違い

端末料金を見てみます。

iPad Retina ディスプレイモデル:Wi-Fiモデル/Cellularモデル
16GB:42800円/53760円(+10960円)
32GB:50800円/61680円(+10800円)
64GB:58800円/69600円(+10800円)

iPad mini:Wi-Fiモデル/Cellularモデル
16GB:28800円/39600円(+10800円)
32GB:36800円/47760円(+10960円)
64GB:44800円/55680円(+10880円)

ということで平均して10800円ほどどのモデルもCellularモデルの方が高いことがわかります。
4Gの電波を受信出来る以外は違いがないので、
それで約10800円の価格差をどう思うかは選ぶひと次第です。

端末料金以外の部分での違い

「端末料金はCellularモデルの方が高い!」
「維持費もかかる!!」

ということなので家の中だけで利用するならば断然Wi-Fiモデルです。
維持費の部分での説明は次の記事で書いて行きたいと思いますが、
その他のサービスで違いはあるのでしょうか??

・Apple Online Store限定のメッセージ刻印サービス
先ほど参考に上げたAppleのホームページにも書いてありますが、
端末の裏面に好きな言葉を入れてもらうことが出来ます。
自分の名前を入れるのもいいでしょうし、
好きな言葉を入れるのも、またプレゼントように贈る言葉を刻むことも出来ます。
無料で行なえるサービスでちょっと特別なiPadを作ることが出来ます。

・au限定の紛失補償オプション
Wi-Fiモデルとして購入するのと、auやソフトバンクで購入するのとでの一番の特徴的な違いは、
端末料金を基本的には分割購入し、
基本料金の負担がある分、毎月割などの適用により2年間利用すれば安価で購入したことになる点です。

また、auであればAppleの保証サービスで唯一サポートの付かない紛失・盗難のサポートを受けることが出来ます。

iPad用としての展開が公式HPにてありませんので、
更新を確認でき次第追記したいと思います。

 

 

とりあえずのまとめ。

端末料金はCellularモデルの方が高いですが、
iPhone5より解禁されているテザリングにも対応しているので、

①自宅のみで利用し、Wi-Fi環境があるのならばWi-Fiモデルがおススメ
②ルーターとしての役割も持たせるならば、Cellularモデルがおススメ
次記事にて書くが、iPad miniならば実質無料から持てる

ということで、
端末価格版でした!!

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

au

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

特集

雑記



Archive

Category