-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

iPadの128GBモデルが発売開始

time 2013/02/06

iPadの128GBモデルが発売開始

sponsored link

128GBの登場!

本日2013年2月6日よりiPad Retinaディスプレイモデルの128GBモデルがauで発売開始しました。
取り扱い店舗に関してはおそらく現行のiPadの取り扱い店舗と同じで、
料金プランに関しては現行の料金プランと同じとのことです。

ただしiPadもiPad miniに関しても常に在庫があるわけではなさそうなので、
auショップにて予約し入荷を待っての契約と考えておいたほうがよさそうです。

・値段
iPadには「Wi-Fiモデル」とauの電波を利用できる「Wi-Fi+Cellularモデル」があります。
auで購入できるのは後者の「Wi-Fi+Cellularモデル」です。

Wi-Fiモデル:66800円
Wi-Fi+Cellularモデル:77800円

と、Wi-Fi+Cellularモデルの方が11000円高いことが分かります。
その他の容量に関しても同じです。

iPad Retinaディスプレイモデル:Wi-Fiモデル/Wi-Fi+Cellularモデル
16GB:42800円/53760円(+10960円)
32GB:50800円/61680円(+10800円)
64GB:58800円/69600円(+10800円)

iPad mini:Wi-Fiモデル/Wi-Fi+Cellularモデル
16GB:28800円/39600円(+10800円)
32GB:36800円/47760円(+10960円)
64GB:44800円/55680円(+10880円)

 

・どちちらを選ぶのか
「Wi-Fi+Cellularモデルって本体価格も高いし毎月の維持費もかかるなんて…」

と単純に考えてしまいがちですが、
通信機能が本体に内蔵されている分、家から出た時の使い勝手は格段に上がります。

Wi-Fiモデルに関しては購入後の毎月の維持費などはもちろん発生しないのですが、Wi-Fi+Cellularモデルの場合もパケット定額サービス(LTEフラット for Tab(i))に加入すれば月々の利用料金から毎月割という割引が受けられるので、本体料金の負担を少なく利用可能です。

外出先でWi-Fiのフリースポットを利用したり、無線ルーターなどを持ち歩くことも手ですが、
iPadそのものでauの電波を掴むことが出来ればいちいちスポットを探したり、無線ルーターとつなぐ手間がないのでとても簡単に利用出来ます。

さらにiPad自体に無線ルーターの機能をオプションで付けることが出来るので、無線ルーター代わりにも利用出来ます。(テザリングオプション525円)

このあたりは過去記事をぜひご覧ください!
端末料金編料金プラン編

iPadそのもので通信できる利便性を考えると、
家の中でしか利用しないなら「Wi-Fiモデル」
常に持ち歩くなら「Wi-Fi+Cellularモデル」
という選択の仕方が出来ます。

まさに家以外での利用頻度の高さによると言えます。

ということで過去最大の本体容量128GB。
この128GBを使い切るひとは一体購入者の何割になるのか、
それが何より気になるこのごろでした。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

au

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

特集

雑記



Archive

Category