-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

auじぶんcardでポイントを貯める!!

time 2012/06/12

まずはこちらの記事をご覧ください。
https://mobilepanda.info/au_point_program/
3月1日からauポイントの貯まり方が改定され、正直とても貯まりづらいものとなってしまいました。
auじぶんcardのポイントもそう。
しかしauポイントこそ受け入れるしかないものの、じぶんcardのじぶんポイントに関しては、
条件をクリアしていくごとにポイント付帯率が変わっていき、最終的には以前よりも貯まりやすくなります。
今回はそのあたりを書きたいと思います。

auじぶんcard

sponsored link

ポイントを貯めよう!

auじぶんcardとは
auじぶんcard2

公式(http://www.jibunbank.co.jp/pc/creditcard/index.html)
auが提供するクレジットカードです。
以前はもういくつかタイプがあったのですが、今は①UFJニコス(VISA・Master)②セゾン(VISA)のみの受付をしています。
現在クレジットカードはなんらかのポイント特典があるのが主流ですが、このauじぶんcardでは貯まったポイントをauポイントに移したり、じぶん銀行に現金として移せるのが大きな特徴です。

じぶん銀行とは
じぶん銀行

公式(http://www.jibunbank.co.jp/pc/
auとUFJで作られたいわばネットバンクです。
銀行機能として出入金はUFJ銀行やセブンイレブンのATMで行えます。
今ではもう少しATMとして利用できる提携先が増えているようなので、今後はもっと増えていくことも期待できます。

 


auじぶんcardは基本的に年会費もかからないし、その貯まったポイントの使いやすさから非常にバランスがとれたカードだと思います。
ポイント改訂前は100円毎に2ポイントだったので付帯率もほかのカードに負けていません。
改定後も100円毎に1.5ポイントなので決して低いわけではないのですが、上手に付帯率アップ条件を満たして更にポイントを貯めていくとポイント高付帯率カードとして利用価値が出てきます。

では今回のメインテーマであるポイント付帯率アップ条件と、それを満たした場合のポイント獲得イメージを見てみましょう!!

公式『au料金はじぶんポイント最大3倍!!』
http://www.jibunbank.co.jp/pc/creditcard/announcement/detail/info_20120402.html

ではポイントの付帯率からです。

通常(au利用料金以外での利用)→1ポイント/100円
au料金→1.5ポイント/100円

これが通常の付帯率です。
この100円毎に1ポイントを元にして「最大3倍ポイントが貯まる」という付帯率アップが条件を満たせば行われます。
ちなみに付帯率アップ対象はau利用料金のみです。買い物などでの利用分のポイント付帯率は100円毎に1ポイントのままです。
第1段階
auじぶんcardの引き落とし口座に「じぶん銀行」を設定 → 2ポイント/100円

第2段階
auスマートパス加入 → 3ポイント/100円

つまり第2段階まで条件を満たせば、auポイント(1ポイント/100円)に加えてじぶんポイント(3ポイント/100円)で、
なにもせずにただauの利用料金を支払うよりも4倍のポイントを手に入れることが出来る、ということになります。

 


実際どれくらい違うのか(おひとり様の場合)

利用料金想定がざっくりとしたものになりますが、一般的な料金プランで見ると、

プランZシンプル980円 + ISNET315円 + ISフラット5460円 + auスマートパス390円 = 7145円
ここから消費税がポイント対象外なので差し引き、6804円

で、ポイントがauポイントとして68ポイント貯まります。
この71ポイントを基本の獲得ポイントとして考えます。

まず料金支払にauじぶんcardを使うことで、じぶんポイントが1.5倍計算の102ポイント獲得出来ます。
68ポイント + 102ポイント = 177ポイント
(102ポイント×12ヶ月=1224ポイント。年間1224ポイントの違い)

第1段階-じぶん銀行をauじぶんcardの引き落とし口座に設定
68ポイント + 136ポイント = 204ポイント
(136ポイント×12ヶ月=1632ポイント。年間1632ポイントの違い)

第2段階-auスマートパスに加入
68ポイント + 204ポイント = 274ポイント
(204ポイント×12ヶ月=2448ポイント。年間2448ポイントの違い)

※最初からauスマートパスを入れて計算をしていますが、auスマートパスのみの加入ではポイント付帯率アップはしないので、第2段階はふたつの条件を満たしたという意味です。
※ユニバーサルサービス料5円はポイント還元の対象外なので加えていません。

第2段階まで見て、通常のauポイントよりも204ポイント多くポイントを獲得出来ていると考えられるわけですが、3倍の付帯率にするために390円のauスマートパスに加入しているので、単純にポイント付帯率のみのためならばオススメ出来ません。
ただauスマートパスのアプリやさらにクーポンを活用するのであれば結構おトクにはなるかな、と。

 

実際どれくらい違うのか(家族の場合)

家族での計算になると話が変わってきます。
なぜならauスマートパスの加入は「ひとつの請求グループにつき1回線のみでいい」からです。
たとえば家族4人(スマートフォン)+auひかり(ネット+電話)という基本的な家族構成で、さらにauスマートバリューの割引を受けた状態で考えてみましょう。

家族①
プランZシンプル980円 + ISNET315円 + ISフラット5460円 + auスマートパス390円 = 7145円
7145円 - auスマートバリュー1480円 + 5665円
ここから消費税がポイント対象外なので差し引き、5395円

家族②③④
プランZシンプル980円 + ISNET315円 + ISフラット5460円 = 6755円
6755円 - auスマートバリュー1480円 + 5275円
ここから消費税がポイント対象外なので差し引き、5023円

5023円 × 3人 = 15069円

auひかりマンションタイプ(ネット+電話)
ネット3990円 + 電話525円 = 4515円
ここから消費税がポイント対象外なので差し引き、4300円

これらをすべて足すと、
5395円 + 15069円 + 4300円 = 24769円

で、ポイントがauポイントとして247ポイント貯まります。
この247ポイントを基本の獲得ポイントとして考えます。

まず料金支払にauじぶんcardを使うことで、じぶんポイントが1.5倍計算の370ポイント獲得出来ます。
247ポイント + 370ポイント = 617ポイント
(370ポイント×12ヶ月=4440ポイント。年間4440ポイントの違い)

第1段階-じぶん銀行をauじぶんcardの引き落とし口座に設定
247ポイント + 494ポイント = 741ポイント
(494ポイント×12ヶ月=5928ポイント。年間5928ポイントの違い)

第2段階-auスマートパスに加入
247ポイント + 741ポイント = 988ポイント
(741ポイント×12ヶ月=8892ポイント。年間8892ポイントの違い)

年間8892ポイントの違いです。
これを獲得するためにauスマートパスひとつの加入で済むので、
auスマートパス390円 × 12ヶ月 = 4680円
単純計算でも4680円の負担で8892ポイント獲得出来ることになります。

 


パターンごとにまとめてみましたがいかがでしょうか??

上記のポイント計算はau利用料金のみなので、さらに買い物や、特に公共料金の支払いにauじぶんcardを設定すれば100円毎に1ポイントですがもっと貯まります。

最近は携帯電話の本体料金が数万円が普通なので貯められるところではどんどんポイントを貯めるべきですよね。

そういった点では各クレジットカードの特典の中で「高い携帯電話の本体料金に使う」「じぶん銀行に現金還元する」など使い方が明確なauじぶんcardはとてもオススメです。

皆さんも料金見直しはプランの見直しだけでなく、支払方法の見直しもして、よりおトクに利用して行きましょう!!

では今回はこのへんで失礼しますノシ

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

au

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

特集

雑記



Archive

Category