-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

【映画レビュー】怒り

time 2016/09/22

【映画レビュー】怒り

sponsored link

予告から楽しみにしていた「怒り」

「怒り」という作品を知ったのは映画館での幕間で、その衝撃は強く公開を心待ちにしていました。

たった1分少々の予告から興味を抱いて、ネットで検索をし、次に驚かされるのは出演者の豪華さだ。
渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡というなんとも豪華な顔ぶれに期待は膨らむ。
そして原作は吉田修一の同名小説、そして監督は李相日とあの名作「悪人」のコンビということだから期待が裏切られることがないことを確信する。

原作を見ていない自分にとって予告編の衝撃から受け止める印象はタイトルである「怒」そして「哀」が強い濃い描写が多い印象だった。
しかしいざ見てみると映画の「日常」の描写に拍子抜けをした。

舞台は「東京」「千葉」そして「沖縄」。3つの地に現れた素性のしれない3人の男。
そして今なお逃げ続ける殺人犯と、その指名手配犯を追うよくあるTV特番を、まるで殺人犯は「違う世界」の人間の話のように観る人々。
そう話の骨格は実にシンプルである。
指名手配犯を追うTV特番、そして街角の指名手配犯の写真、誰もが一度は「身の回りに似た人がいるか」とか考えたことがあるだろうが、「怒り」はそれをまさに描いている。

-愛した人は、殺人犯なのか。
それでもあなたを信じたい。-

映画のメインコピーはこう書いている。
淡々と描かれる「3つの日常」にそれぞれの素性のしれない男に想いを寄せていくことと、そしてふとした時に男を殺人犯だと疑うことの葛藤と信じたいと思う気持ちが、
淡々と描かれる「3つの日常」で築かれていった愛や情や信頼といった関係性の果てに痛々しいまでに描かれ熱演されている。
なによりそれら日常の描写は実に生々しく時にセンセーショナルに描かれていて、
予告編での妻夫木聡と綾野剛の姿こそ印象的ではあるが、他にも現代で目を背けたくても背けられないテーマがそれぞれのパートに存在している。

さて個人的に映画で特に印象深かったのは2つ。「宮崎あおい」と沖縄パートで出てくる佐久本宝演じる「知念辰哉」だ。
出演者の演技にうんざりする作品は少なくなくて演者の能力なのか監督の力量なのかわからないけれど、
やはり「怒り」における出演者の演技は演技ではなく役柄そのものまで作り込まれていてほんものの「日常」がそこにはある。
その中でも宮崎あおい演じる槙愛子は難しい役柄だっただろうと思う。公式ホームページに記載がないので深くは書かないがその役柄を見事に演じきり、今まで持っていた宮崎あおいが演じる役柄の印象をがらりと変えられてしまった。
そしておそらく映画の中で無名の俳優ながら強い印象を残すのが佐久本宝演じる「知念辰哉」だろう。その理由はぜひ映画館で体験して欲しい。

よくある原作ありきの映画の、原作を端折って内容がまとまりきってなかったり出来事が飛び飛びだったり薄かったり、そういったことは「怒り」には感じることはなかった。
原作は上下巻の中編小説であるためもちろん描ききれていないものが多々あるだろうが、映画に浸って感情を揺さぶられるに十分なくらい濃厚で緻密なストーリーが描かれていて、
観終わった後には賞賛する意味でやり切れない感情に揺さぶられ、映画で描かれる「怒り」という感情について考えてしまうのだ。

ストーリーを彩りを添える音楽は坂本龍一が担当している。
そしてメインテーマはドコモのCM曲で話題になった二人組のチェロ奏者「2CELLOS」と共に作られているのでそこも注目したい。
太いチェロの音が美しく、長いエンドロールにどっぷりと感傷に浸れる曲に仕上がっている。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

au

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

特集

雑記



Archive

Category