-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

電子マネーサービス「au WALLET(ウォレット)構想」発表。2014年5月開始予定

time 2014/02/13

電子マネーサービス「au WALLET(ウォレット)構想」発表。2014年5月開始予定

auでは2014年5月より新たな電子マネーサービス「au WALLET(ウォレット)」を開始することを発表しました。

sponsored link

新たなサービスで変わるポイントの扱い

これまでauが取り扱ってきた金融系サービスは、たとえば
「auかんたん決済」というネット上の支払いシステム(auの請求と支払いをまとめる)や、
楽天Edyとの提携によりEdyの課金をauかんたん決済で行えたり、
また「auじぶんcard」というクレジットカードやネットバンクである「じぶん銀行」などがありました。

ネットを離れたリアルでの支払い手段としてはauじぶんcardやEdyがそれに近いですが、
結局はクレジット支払いであったり、Edyでいえば購入するもの自体の支払いでなく一定額の前入金(プリペイド)方式であったりと、
利用していく上ですこし通常の現金支払いとは異なる手法のもののみでした。

まだ発表されたばかりで具体的な決済方法が明らかになっていませんが、

日本国内最大級のサーバ管理型電子マネーである「WebMoney」と (株) クレディセゾンの協業により実現したMasterCard® プリペイド決済システムを活用することで、日々のお買い物はもちろん、海外でのショッピングやデジタルコンテンツの購入など、世界約3,600万のMasterCard® 加盟店にてキャッシュレスでご利用いただけます。

とあるため、プリペイド入金システムであることが考えられます。

とはいえ注目したいのは「WALLET ポイント」というもの。

「au WALLET」サービスに合わせて、新ポイントプログラム「au WALLET ポイントプログラム」の提供を開始します。
ネットとリアルのどの店舗でも、「au WALLET」をご利用いただくごとにポイントがたまります。
また、日々のお買い物のほか、携帯電話の月額使用料や通信料に応じて毎月のポイントがたまります。
たまったポイントは、ネットショッピングや携帯端末の購入代金としてご利用いただけるほか、カードにチャージすることで店舗でのお買い物にもご利用いただけます。
また、auの通信料金にもご利用いただけます。

ローソンの「Pontaカード」やTSUTAYAの「Tポイントカード」さらに楽天の「楽天カード」など、ポイントシステムが好まれる現代の流れから、
「そもそもの電子マネーとしての使い勝手のよさ」「ポイントの貯まりやすさ」「貯まったポイントの使い勝手のよさ」これらによって選ばれるサービスが変わってくると考えられるので、
考えられるイメージとしてはこれらをとても良いかたちで実現してくれそうです。

続報に期待したいと思います。

関連記事は下記ロゴを押してください↓

auWALLET

参考:
3M戦略 第三弾「au WALLET (ウォレット) 構想」始動! “ネット” と “リアル” の融合で新たな成長ステージへ
3M戦略 第三弾「au WALLET (ウォレット) 構想」始動! “ネット” と “リアル” の融合で新たな成長ステージへ 〈別紙〉

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

au

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

特集

雑記



Archive

Category