-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

【ケータイ+タブレット対応】auタブレットの価格と維持費を解説

time 2018/07/19

【ケータイ+タブレット対応】auタブレットの価格と維持費を解説

auのタブレットをまとめたページです。
(2016年9月10日大幅更新)
(2017年2月4日微編集&比較表導入)
(2018年7月19日微編集&ケータイ・タブレットセット料金追加)
(2018年7月25日微調整)

sponsored link

2016年9月時点最安値の維持費は「1860円」

当記事更新時点(2018年7月)でのauのタブレットの最安の維持費は「1860円」(ユニバーサルサービス料金抜)です。
ただし様々な制約があります。

①最安値で持つにはスマホ契約が必須
②Qua tabシリーズが安い。iPad第6世代も手頃な価格に。
③③Qua tabは購入サポートの加入が必要
④その他購入店の条件がつく場合有

①最安値で持つにはスマホ契約が必須

今回1860円の維持費は「タブレットプラン ds(3年契約)」という料金プランによって成り立っています。
dsとはドコモショップ….ではなく「データシェア」の頭文字で、スマホが相手にいてはじめて成立する料金プランです。
スマホ側で申し込んでいるデータ通信プランをそのままタブレットで使用する(シェアする)ため最低料金で利用出来るわけです。
タブレットプラン ds(3年契約)

ただしケータイとのパックプランの場合はプラン料金はタブレットプランdsより高いですが2GBの通信量込の価格設定となっています。

②Qua tabシリーズが安い。iPad第6世代も手頃な価格に。

「Qua tab」とはauのオリジナルブランドのタブレットです。
現在auショップで機種料金一括0円(無料)で購入することが出来る可能性が高い機種です。
そのため機種料金の負担がかからない場合、後ほど説明する「タブレットプラン ds(3年契約)」のプランをほぼ純粋に支払うだけになるため格安で維持することが出来ます。
料金プランとしてはiPad等その他タブレットも変わりませんが機種料金によって差が出てくるわけです。
ただしiPad第6世代ならもともとの値段が安いためそこまで大差がない料金で持つことができる可能性が高いです。

③Qua tabはタブレットau購入サポートの加入が必要

auでは「タブレットau購入サポート」という1年間の継続利用を見越した割引サービスを展開しています。
このサービスの加入と店舗の独自割引でショップによっては0円で販売しているようです。
ただし先述の通り1年間の継続利用を見越した機種料金への割引サービスのため1年以内に解約等すると違約金が発生します。
タブレットau購入サポート

%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88au%e8%b3%bc%e5%85%a5%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88

また「タブレットプラン ds(3年契約)」は契約期間内に解約または対象外プランにセット相手のスマホの契約を変更すると9900円(10692円)の違約金が発生します。
そのため解約の場合は上記表に9900円(10692円)を加えて考える必要があります。
「解約予定でタブレットだけ欲しい!」というやり方には不向きと言えるかもしれません。

iPadの場合は「ぐっとiPadおトク割」という対象機種の購入のみが条件で16,200円割引となるので1年間の解除料金発生期間などはありません。

④その他購入店の条件がつく場合有

こちらは各購入店にお問い合わせください。

スマホと持つ「1860円」内訳

sponsored link

スマホ側で申し込んでいるデータ通信プランをそのままタブレットで使用する(シェアする)持ち方です。

金額
タブレットプラン ds
(3年契約)
1836円
LTE NET324円
毎月割-300円
合計1860円
Qua tabの3機種では契約時に450円の割引を36ヶ月間受けられる契約がつきます。

ケータイと持つ「2228円」内訳

2017年4月26日からスタートしたのが「ケータイ・タブレット一緒deおトクパック」です。
タブレットプランdsがスマホ側の通信量をシェアして利用するのに対し、こちらのパックはタブレットに2GBの通信量設定があります。
先日発表されたINFOBAR xvなどでタブレットとの一緒に利用したい場合はこちらのパックを利用することになります。
2GB限定の通信プランでバリエーションがないのが難点ではあります。
ケータイ・タブレット一緒deおトクパック

タブレット料金

金額
タブレットプラン cp (2GB・3年契約)2354円
LTE NET324円
毎月割-3000円
合計2378円
Qua tabの3機種では契約時に300円の割引を36ヶ月間受けられる契約がつきます。

ケータイ料金概算(AQUOS K SHF34の場合)

金額
スーパーカケホ (ケータイ) 1296円
LTE NET324円
ダブル定額Z (ケータイ)0円~4,200円
毎月割-600円
機種料金1200円(36回払・43200円)
合計2220円~
AQUOS K SHF34の3機種では契約時に600円の割引を36ヶ月間受けられる契約がつきます。

INFOBAR xvとタブレットを合わせた具体的な維持費はINFOBAR xvの料金が出ていないため、判明し次第更新します。
参考までに最新機種のAQUOS K SHF34の概算を載せておきます。
平均ではケータイとタブレットを合わせて5000円前後で維持できるようです。
ただし通信量は2GBとなります。

2台持ち・スマホがない場合等のタブレット料金

ここまでの料金はスマホを持っている場合の料金です。
スマホを持っていない場合(スマホを組み合わせない場合)の料金を説明します。
よく言う「2台持ち」というのはケータイの現在支払いの料金にこのタブレットの料金を足していくことになります。

LTEフラット for Tab

月間データ容量が7GBというシンプルなプランです。
最大2年間は500円割引がつきます。
LTEフラット for Tab

LTEフラット for Tab
基本使用料 5700円/月

LTEフラット for Tabスタート割で
最大2年間500円/月 割引
基本使用料  5200円/月

更にauスマートバリュー適用なら
最大2年間1410円/月 割引
基本使用料  3790円/月

機種料金は定価の場合がほとんど

スマホとセットで購入する場合はほとんどのショップで機種料金が0円になるのに対し、
タブレットの単体契約の場合は定価で販売することが多いようです。

機種料金:37800円
(毎月割:450円/月×36ヶ月)
(実質負担額:21600円)

タブレット単体契約時の基本使用料概算

金額
LTEフラット for Tab6156円
スタート割-540円
LTE NET324円
毎月割-450円
分割支払金1050円
合計6540円

ここからauスマートバリューが申し込める場合は1522円/月(税抜1410円)割り引かれます。
つまり月々機種代金込で5018円で利用できることになります。
そしてLTEフラット for Tabのためデータ容量は7GBです。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

雑記



Archive

Category