-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

auスマートバリューまとめ!

time 2012/07/01

auスマートバリューまとめ!

2月14日から受付が開始した「auスマートバリュー」。
なかなか好調のようです。
携帯電話契約者数の純増数こそソフトバンクが依然好調ではあるものの、
「モバイルナンバーポータビリティ(MNP)の利用数(転入数から転出数を引いた数)に関してはauが8ヶ月連続で1位である」と計算も出来るようです。
YOMIURI ONLINEより(http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20120608-OYT8T00619.html)

この理由のひとつとして「auスマートバリュー」が大きく関わっているのは間違いないでしょう。
それだけこの世帯を意識した割引施策が個人個人ではなく「家族まるごと乗り換え」という大きな単位で契約を動かしているとも考えられると思います。

当ブログでも開始早々に「auスマートバリュー」については記事にしておりましたが、
開始から数ヶ月経ち、それ以降とくにまとめておりませんでしたので、
改めてまとめ記事を書いて行きたいと思います。

auスマートバリューロゴ


では公式からです。
(http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/ryokin/smartvalue/)

auスマートバリュー
<適用条件>
①au契約にて「ISフラット」もしくは「プランF(IS)シンプル」を利用
(公式HPにはスマートフォンとあるが、厳密にはプランのみの条件)
②対象固定通信サービスで「電話」「ネット」を利用
③au契約と固定通信サービスが同一姓同一住所

<割引内容>
①ひと契約につき「1480円」を2年間割引き、2年以降も条件を満たす限り「980円」永年割り引かれる

<契約可能回線数>
各auスマートバリューグループにつき10回線まで

<適用開始時期>
申し込み翌月利用分より

以上が概要です。
対象事業者に関しては少しずつ変わっていることもあり、公式HPにて確認ください。
またネットのコースなど、対象事業者であっても契約しているプランが対象外の場合があります。
各対象事業者の窓口にてauスマートバリューの対象プランかどうかを確認するのが一番確実です。

 

 

<申し込み方法>
auショップなどの店頭、お客様センター、auホームページから申し込み可能。
細かい流れに関しては公式HPに詳しく載っていました。
公式(http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/ryokin/smartvalue/moshikomi.html)

固定回線の開通前でもauスマートバリューの契約は出来るようです。

 

 
<現在行われているauスマートバリューに関わるキャンペーン>
①スマーバリューズ入団キャンペーン(2012年8月31日申し込み分まで)
公式(http://www.au.kddi.com/jiyu/smartvalue_cp/)
MNP(他社からauへ乗り換え)含む新規契約とともにauスマートバリューに加入で適用されるキャンペーン。
次の特典から選べる。
A.ボール型目覚まし時計
B.auポイント5000ポイント
C.5000円キャシュバック(じぶん銀行宛)

②DATA08W、はじめてルーターキャンペーン
公式(http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/ryokin/smartvalue_router/index.html)
このブログでも紹介しました(https://mobilepanda.info/au_campaign_2012/
当初受付期限が5月末でしたが、受付期限なく、2015年5月利用分まで最低料金0円(ユニバーサルサービス料3円のみ)で維持出来るようになりました。
通常このDATA08Wを使い放題「WINシングルフラットWiMAX」で持とうとすると、
定額料4410円 + プロバイダ料525円 = 4935円ですが
このキャンペーンの場合525円のプロバイダ料が発生しないので、利用する分にもおトクです。

 

 
<割引額に関する注意点>
このauスマートバリューという割引、大々的に「2年間1480円割引」とうたっていますが、既存の割引キャンペーンが適用されている場合併用出来ないので注意が必要です。

①ISフラットの25歳以下の方への割引(U-25割)
2012年1月18日~5月31日までにスマートフォンをISフラットで契約した25歳以下の方はU-25割という割引がついています。
通常5460円のISフラット定額料を、24ヶ月4410円で利用出来るというキャンペーンです。
この場合重複不可のため、auスマートバリューの1480円のみの割引となります。

・auスマートバリュー申し込み前
5460円 - 1050円 = 4410円
・auスマートバリュー申し込み後、U-25割がなくなり
5460円 - 1480円 = 3980円 となる

つまり430円しか割引額が増えない計算となります。

②ISフラットiPhoneスタートキャンペーン
2012年1月31日までにiPhoneを契約した方が、
通常5460円のISフラット定額料を、24ヶ月4980円で利用出来るというキャンペーンです。
この場合も重複不可のため、auスマートバリューの1480円のみの割引となります。

・auスマートバリュー申し込み前
5460円 - 480円 = 4980円
・auスマートバリュー申し込み後、ISフラットiPhoneスタートキャンペーンがなくなり
5460円 - 1480円 = 3980円 となる

こちらも通常とは異なり、1000円しか割引額が増えない計算となります。

auスマートバリューの割引を受けるために固定通信の契約を乗り換えようとしていて、元固定通信サービスに解約料などが発生する場合は、このあたりの細かい重複可否も気にかける必要があります

「ご家族みなさんで1480円ずつ割り引かれれば解約金なんてすぐ元がとれますよ!!」
と言われても、結局430円しか割引額が増えなければ大誤算です…。

 

 
<最後に、筆者が体験した誤請求記事から…>
https://mobilepanda.info/au_smart_value_error/
https://mobilepanda.info/au_smart_value_error_2/

auスマートバリューの同一性同一住所の条件に関しては本当にシビアなので注意が必要です。
筆者の場合、J:COMが勝手に住所を変えていたのが悪いのですが、結局筆者が申込書に書いた住所でもJ:COMが登録した住所どちらでも成立する住所です。
しかしそこの一文一句まで見られるのがauスマートバリューです。(さすがに番地の○○番の番のアリナシまでは問われないはず…)

しかし例えば集合住宅の場合、
免許証に関してはマンション名などの省略が可能です。
そして、携帯電話を新規契約する時に免許証を定時すればそのマンション名のない記載通りの申請が必要です。
しかし、固定通信サービスの契約の場合、住んでいる場所での登録なので大抵「マンション名」が必須です。

これだけで住所相違でauスマートバリューが受けられません!!

申し込み時にはしっかりと契約内容の確認が必要ですね。

 

 

では今回はauスマートバリューについて改めてまとめてみました。
また変更があれば随時書いて行きたいと思います!!
では!!

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

au

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

特集

雑記



Archive

Category