-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

Appleの新CMが誇大広告な件

time 2018/08/13

Appleの新CMが誇大広告な件

Appleの新CMが個人的にかなり大胆に誇大広告だなとびっくりしている。
その謳い文句は、
「パスワードを思い出すのに、頭を悩ます必要はもうありません。iPhone XのFace IDなら、あなたの顔がパスワードに変わります。」

sponsored link

Appleの新CMとは


主な内容としては「FaceIDが便利ですよ」が便利ですよというCM。
FaceIDとはAppleのiPhoneの中でも現時点ではiPhone Xでしか利用できないセキュリティーシステム。
いわゆる指紋認証と同じようにスマホ自体にセキュリティー要素を加えるものだけど、
顔ひとつでiPhoneを見つめるだけでロックが解除されることが大きな違い。

これは指紋認証でも、iPhoneでなくてもAndroidでも同じなのだが、
スマホ自体の指紋認証やiPhone XのFaceIDで登録したセキュリティー情報をアプリの中のログイン情報として活用できるので、
「パスワードがわからなくても大丈夫」というCMになっている。

問題点


このCMの一番の問題点はFaceIDひとつでは結局解決しないところにある。

まずはAppleID。
iPhoneはもちろんAppleの様々なサービスを利用するにはAppleIDおよびAppleIDのパスワードが必要で、
これはずっと付き合っていかないと行けないものである。
「あなたの顔がパスワードに」と言ってはいるもののその大前提でパスワードが必要なのである。
しかもこれはよくあるあるの話で、AppleIDのパスワードの入力をアプリをインストールする際に省略しているといざ2年後の機種変更の時にパスワードがわからないなんてざらにある。
そもそもAppleIDのパスワードが必要だしCMのような記憶が不安定な人はFaceIDを使うことでいざ入力が必要な時にわからなくなるのである。

つぎに他サービスのパスワード。
FaceIDが顔だけで認証されるからと言って最初からFaceIDで他サービスにログイン出来るわけではない。
他サービスでちゃんとパスワード等ログインするに必要な情報がわかって、連携をとって、はじめてFaceIDでログインが出来るのだ。
パスワードがわからなかった時の解決方法ではない。
そしてこれも同様にCMのような記憶が不安定な人はFaceIDを使うことでいざ入力が必要な時にわからなくなる。

あとはFaceIDがあくまでも端末内に情報保管されている点。
FaceIDも指紋認証もセキュリティーの都合上端末内にしか情報が保管されていない。
つまり機種変更や修理時や初期化をする機会があった際は再度登録が必要だ。
なにもAppleが数千万人の顔情報を所持していて顔だけで所有者を割り当ててくれるわけではない。
つまり話が戻ってなんにせよAppleIDや各種パスワード等ログインに必要な情報は必須なのである。

CMはパスワードを覚えられないどちらかと言うとコンピュータに苦手な人をモチーフにしているようだが、
そもそものパスワードを記憶出来ない人の代替え案としてFaceIDを解決策のように謳うのはいささか良いやり方とは思えない。
FaceIDや指紋認証などはあくまでもセキュリティーの強化であり理解しているからこその簡略化を目的とすべきだろう。

パスワードをいろいろなサービスで使い回すことは危険視されているので、
サービスごとに細かく変更して普段はFaceIDで認証して簡略化するという感じだったら素晴らしい提案の仕方だったと思う。
しかしやはりパスワードをわかっていてこそだと僕は思うのでこのCMは言い過ぎだ。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

iPhone,iPad,iOS

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

特集

雑記



Archive

Category