-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

【追記あり】Xperia Z5のBluetooth接続問題で対策方法を試してみた

time 2017/04/04

【追記あり】Xperia Z5のBluetooth接続問題で対策方法を試してみた

近年ないくらいに長期間愛用している「Xperia Z5」。
背面のフロストガラスが「気を使う高い端末」という見方から「使い倒す良い意味で気を使わない端末」にしてくれているというのがあるような気がします。
Xperia Xシリーズを次々にスルーして新Xperiaが発売される度に買っていた自分が嘘みたいです。

sponsored link

そんなXperia Z5の唯一の不満「Bluetooth」

カメラはカメラ、音楽は専用端末、なんて方ももちろんいるかと思いますが、
一時期から筆者は「スマホは万能」であり「スマホでなんでもこなす機能性」を求めるようになりました。
音楽が大好きな筆者はもちろんXperia Z5で音楽を聴きます。

次に、音楽をスマホで聴こうとする時に使いたいのが「Bluetooth」です。
音質が云々言われますが、そんなに気にならない筆者はワイヤレスの機能性を求めるのです。

しかしXperia Z5でBluetoothを使って音楽を聴くとある問題が・・・。

常にではないのですがプツプツ途切れるんです。
ひどい時は聴くに耐えないくらいに途切れ、数秒間音が止まったりも。

これじゃ聴いてられない!ってわけです。
いや、たまに途切れるとかいいんですが時々切れ方によっては「もしかして電話?」とかびっくりしてしまうんです。

どんな時に途切れるのか

基本的には、
・接続開始間近
・別の操作を同時進行時
・画面オフで音楽垂れ流し時はたいてい通知が来ている時
です。

要はメモリが圧迫されてるのかなと思っているんですが、
音楽を聴きながらシステム内「実行中のサービス」を見ていてもどう考えてもここに他の操作を加えても、メモリ不足に陥るような状況ではありませんでした。
しかしなにかの操作をしていると途切れだすというのは顕著に再現が取れる動作なのでメモリ(RAM)の問題で間違いなさそうでした。

使用機器はというと

ここで日常的に使うBluetooth機器の紹介をしておきます!

SBH20


小型なBluetoothレシーバーでNFCもちゃんと搭載されているのに低価格というコスパの高そうな製品です。
正方形を意識した作りにしているせいで操作が若干しづらく、クリップも使いづらいのが弱点です。
そういう点は価格相応なのかも。

SRS-BTS50


キッチンやお風呂で大活躍しているスピーカーです。
もともとアウトドアシーンをイメージして作られているのもあって冒頭のXperia Z5の背面のフロントガラスで表現したような気を使わない使用感が気に入ってます。

SBH50


SBH50に関してはこのBluetooth問題でSBH50の問題かと思いSBH20に買い替えたという経緯があります。
こちらは長方形で各ボタンもしっかり主張があるように作られているのでとても操作しやすいです。
ただ電源のオンオフが電源ボタンの長押しのため押したつもりが切れてなかったことが多々有りました…。

Bluetoothの接続を改善する方法

そんなXperia Z5のBluetooth接続問題。ネットで検索してみるとある改善策を発見しました。

Throwを使って接続

ThrowとはXperiaのファームウェアを利用した外部機器との接続方法です。
その他の設定方法はというとAndroidというOSの標準的な接続方法なわけです。

この方法で接続することによりBluetoothの処理方法が変わり接続が良好になるんだとか。

Throwでの接続方法

Throwでの接続をする以前にXperiaとBluetooth機器を接続している場合は設定を一度消去しましょう。

設定→Bluetooth→該当の機器の⚙歯車マーク→切断
Bluetooth機器の初期化も出来ればなお良し

【Throwでの接続方法】
設定→機器接続→Throw→Throwについて→はじめに→ヘッドホン
→Bluetooth→(Bluetooth機器のペアリングモードをオン)→機器を追加

ちょっと日本語がおかしい気もしますが気にせず設定しましょう。

Throwで接続した後の使用感

Throwで接続し直して接続は若干ましにはなった気がします。
これまで頻繁に途切れていたのも少なくなりました。
しかし未だに途切れる時は途切れます。本当に”若干”というレベルかもしれません。

音楽好きな自分としては致命的な”仕様”なのですが、
今回調べてみて”不具合”と思っているのが”仕様”だと分かったのが苦しくも良かった点。
無駄に修理だどうの考えなくてもそんなもんだと有線接続に切り替えたりも考えられます。
ただ音楽をメインの特徴のひとつとし周辺機器も自社で販売しているSONYだけにとても痛いと思うのも確か。
もしもThrowでの接続が本当に”正しい”接続方法というのなら「NFCってなんなの」という感じですし。

とりあえずこれでまたしばらく使ってみたいと思います。

【追記】ついに解決へ

結局のところ一番対策としてよかったのは

さてXperiaの標準のBluetoothペアリング方法を試して様子見をしていたのですが、
どうもイマイチ効果は現れていないように感じました。
そんな中結局一番対策としてよいと感じたのは「電源再起動」ということでした。
電源再起動によりおそらくメモリの消費で解放される部分があり、Blutoothに余裕が生まれるといった感じでしょうか。
ちなみにメモリ開放アプリではあまり効果を感じられませんでした。

つまり、毎日通勤時に使用する筆者は毎日ないし数日に一度電源再起動を行うという対策が一番でした。

苦肉の策を講じる中一筋の光が現れる

そんな毎日の中ついに訪れた「Android7.0」へのアップデート。
このアップデートが全てを解決します。

Bluetoothの問題に対しては考えてもなかったのですが、
アップデートの翌日、まったくノイズが入ることなく始まる音楽。
そしていつも必ずノイズが入りまくっていた玄関からエレベーターへの道もまったくノイズなし。
(これはおそらくWi-Fi接続が不安定になることにより影響が出ていました)

でも、アップデートの際に再起動が行われているので特に解決とは思わず、
敢えて数日再起動もせず使い続けていました。

ほぼ途切れることがない音楽!
快適!
いやこれが普通なのかもしれないけれど、とにかく感動!

これで唯一の不満が見事に解決されたわけです。
OSによる影響か不満の声を受けチューニングし直したのかわかりませんが、
これからもXperia Z5を大切に使いたいと思いました。

sponsored link

down

コメントする




*

au

iPhone,iPad,iPod,他Apple

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

レビュー

個人保存用

契約したら覚えておきたいこと

旧-MobilePanda-記事

未分類

特集



sponsored link

Archive

Category