-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

おサイフに優しい?白ロム機種変更を検討してみる

time 2014/10/04

おサイフに優しい?白ロム機種変更を検討してみる

ケータイは高い?昔が安すぎた?
今や生活必需品となってるケータイやスマホはうん万円という値段。
なかなか簡単に購入を決められる価格ではなくなりました。

そこでいま考えていきたいのが「白ロム」。
広く世間で認知されはじめている言葉として便宜上「白ロム」と書きましたが、
正規にau(各ケータイキャリア)から購入する端末以外を白ロムとして今回は呼びます。

sponsored link

うん万円する端末が安く手に入る白ロム市場

白ロムといえば今やブックオフやGEOなど大手の中古ショップなどでも見かけることが出来ます。
その値段は正規購入と比べると8割くらいの価格から10分の1などの価格、状態も新品同様の初期についているフィルム類が貼ってあるものから明らかな使用感があるものまで様々です。
機種の発売日が新しかったり状態がよいものほどもちろん値段が高くなります。

白ロムを買う上で注意したいこと

一番注意したいことは「修理」です。
auでは正規購入をした最新購入機種に対して購入時のみ「安心ケータイサポートプラス」という保証サービスを加入する事が出来ます。
言い換えると上記以外では修理に対する保証がつかず、すべて実費の修理となり数千円から上は際限なく修理代金が発生してしまいます。
白ロムで利用する上では故障させることには注意が必要です。

どのようなひとに白ロムがぴったりか

①出来るだけはやいサイクルで買い換えたい
目移りするくらいにどんどん最新機能を備えて毎シーズン新たな機種が発売されているので「どんどん新しいものに買い換えたい!」というひとには白ロム購入を考えてみるのもありかもしれません。
本来であれば毎月割という月々の基本料金を割り引く制度で2年間利用し続ければある程度安く買えたことになるのですが、毎月割は新たに機種変更するとなくなるので、場合によっては白ロム購入で機種を新しくしたほうが割がいい場合があります。

②ケータイを利用するひと
びっくりするはなしですが、auで未だに現役で売られている機種が白ロムでは1万円前後で見かけることがあります。
つまり定価の3分の1以下なのですが、さすがにここまで安いと「壊れたらまた買い換えればいい」なんて考えも出来るので保証がつかないことも気にせず利用出来るわけです。
また状態がよいものも少なくはないので、ケータイのラインナップが少ない今、たくさんの白ロムのなかから気に入ったデザインのものをさがすのもアリかもしれません。

白ロムショップでの購入だけじゃない

いまもう一度考えていきたいのが「おさがり」。
兄弟で服や身の回りのものが弟や妹に渡っていくアレです。
つまり家族が使っていたケータイやスマホを機種変更後にほかの家族が利用することを言いたいのですが、これも扱いとしては白ロムショップで購入して利用しているのと同じ扱いです。

子供はスマホをすいすい使っているし自分も使ってみたいけれど使えるか不安。
そういう場合に子供が機種変更したあとに空いた旧機種を使ってみるという家族が最近増えています。
まさにお試しといった感じで、Wi-Fiのみで使うのもよし契約を切り替えるのもよし、機種代金の負担なしでスマホに触れることが出来ます。

そうして子供のおさがりを使う場合、先に書いた通り例え家族が購入した端末だとしても修理に関して白ロムと同じ扱いで保証が付かない実費での料金になるので注意が必要です。

いざ白ロムの利用開始へ

以前に書いた記事の通り、auのケータイやスマホには最初に認識したICカード(SIMカード)以外を認識しないようにするロックがかかっています。
ただしスマホの一定時期からはそのロックはなく、いつでもどのICカードでも差し替えて利用が出来ます。

ロックがかかるケータイやスマホの場合、auショップでロックを解除するための手続きが必要で、その手数料として2000円(税抜き)が翌月利用料金と一緒に引き落とされます。

そしてロックがかからない場合でも特にそれまでケータイを利用していて白ロムでスマホを手に入れた場合などは料金プランの変更が大切です。
スマホは自分が意図しないときにも通信を行うため、定額制にしなければICカードをさして電源を入れているだけで高額な通信料がかかってしまう場合もあります。

ロックがかかるかからないを自分の認識だけで済まさず、まずはauショップに相談にいくのがいいかも知れません。
時々正規に購入してないものを利用するのに後ろめたさを感じるひともいるようですが、今やよく知られているものなので「白ロムで買ってきた」なども普通に伝わります。
料金プラン含めて相談してしまいましょう。

 

 

ということで白ロムについて書いてみました。一度機種変更のタイミングで通常購入以外の方法を考えてみるのもアリかもしれません。
うまく利用すれば格安でおトクに機種変更出来るかもしれませんね。

sponsored link

down

コメントする




*

au

iPhone,iPad,iPod,他Apple

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

レビュー

個人保存用

契約したら覚えておきたいこと

旧-MobilePanda-記事

未分類

特集



sponsored link

Archive

Category