-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

【映画レビュー】アサシンクリード

time 2017/03/10

【映画レビュー】アサシンクリード

映画の幕間で観て以来ずっと楽しみにしてた「アサシンクリード」。
やっと公開されたので観てきました!

sponsored link

アサシンクリードとは

アサシン(暗殺者)をテーマとしたゲームが原作となった映画です。
走り回ったり壁を登ったり、とにかく移動の自由度が高く、
そしてとても美麗なグラフィックで描かれた町並みは息を飲むほどです。

筆者は初代をとにかくやり込んでました。

映画の評価

はっきり言います。

「近年まれに見ない駄作」

もともとストーリーを2時間で描ききれるわけがなく、
絶対中途半端な仕上がりになると思って期待はしていませんでした。
とにかくアサシンクリードは「時代設定は現代で、アサシンの末裔の主人公が過去に行く」ような話で、
両時代をきれいに描ききるなんてとても時間は足りないと思ったんです。

しかし低い期待値のはるか下をいかれるとは…。

ネタバレします

ここがダメだよ映画アサシンクリード

まず原作ファンがアサシンクリードを好きな理由はなんなのだろうか。
先に挙げたとおり「自由度の高い移動」「美麗な町並み」そしてそもそもの「暗殺」という行動だろう。

今回の映画では散々舞台となるルネサンス期のスペインの映像をプロモーション映像に使っているが、
それに相反して実際に本編を観ると圧倒的に現代の描写が多くなっている。
たしかに「自由度の高い移動」「美麗なな町並み」もしっかり再現されていて、
そこが描かれる場面はぐっと引き込まれるものがあり否定のしようがないくらいなのだが、
いかんせん過去は”二の次”なのだ。

冷静に考えるとそりゃそうだ。
アサシンクリードの目的は過去ではなく、過去を利用して現代に利益を得ることなのだから。
現代のやり取りがしっかりなければそもそも過去にいく目的がぼやけてしまう。

ここが映画を観る前に筆者があえてアサシンクリードに期待をせず、
アサシンクリードの世界を描ききるには時間が足りないと思った理由だ。

しかし筆者がこの映画に期待していなかった理由というかどんな映画になるかと想定していたのは、
現代の描写が多くなることではなく、
過去の描写が多く目的がはっきりしない映画になるだろうということだった。
そして原作ファン以外はなにが起きているかわからず端折られたストーリーに置いてきぼりになる感じ。
原作アリの映画でよくあるパターンのやつです。

しかしまさか本筋の目的の描写(現代)のために、過去の描写をないがしろにするとは…。

どうだろう、ファンがアサシンクリードを楽しむ理由は現代の目的ではなく、
過去の世界で好き勝手することだと思うんだが、そうじゃないのかな…。
なんて思ったりした映画だった。

箇条書きで映画アサシンクリードの良い点・悪い点

【良い点】
・美麗な町並み
・パルクールの動きをしっかり再現したアクション
・ゲームでも緊張感が走る逃げ回るシーン
・イーグルダイブ

【悪い点】
・現代の描写多すぎィイ
・暗殺しろ
・エデンの果実なんでそんなにスッと渡すん
・良いところで現代に戻さないで
・要らないといえば要らないがシンクロ(マップ更新)の描写欲しかった
・終わり方なんなのほんと

うーんこう書き上げると本当に残念。
あと1時間あってそれが過去の描写に全部使われれば見ごたえがあっただろうに。
終始たんたんとしていてすごく眠くなりました。
そしてすべてを時間の都合で「しょうがない」に収めきれなくしているのが最後の最後。
次があるような終わり方。
時間の都合なんてなかったんや…。

個人的にはアベンジャーズシリーズを見慣れているから
そんな終わり方してるのにエンドクレジット後になにもないことに拍子抜けしたり。

とにかく近年観た中でもっとも駄作と感じずにはいられない映画でした。
もし本当に続編があるなら悩んでしまうな…。

sponsored link

down

コメントする




*

au

iPhone,iPad,iPod,他Apple

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

レビュー

個人保存用

契約したら覚えておきたいこと

旧-MobilePanda-記事

未分類

特集



sponsored link

Archive

Category