-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

iPadの違いとラインナップをチェック

time 2017/03/22

iPadの違いとラインナップをチェック

新しいiPadが3月25日より予約開始となります。
“新しい”iPadということですが既存のモデルとどう違うのか見ていきたいと思います。

sponsored link

“新しい”iPadの位置づけとは

新しいiPadの”新しい”がなにを基準にした新しさなのか。
それはiPad ProシリーズではなくiPad Airシリーズの流れを組むモデルであり、
新しいiPad Airという言い方も出来ます。
ただモデル名称の簡略化のためにAirという言葉はなくしています。
厚みもなぜか上がっています。

今回の発表でiPadは4つのシリーズをラインナップとします。
①12.9インチiPad Pro
②9.7インチiPad Pro
③iPad
④iPad mini

つまり最新機能をふんだんに盛り込んだProシリーズと、
標準的な仕様としたiPadとminiという住み分けと見ることが出来ます。

Proシリーズだけの特徴的な機能

①Apple Pencil
まずはやはりApple Pencilでしょう。
これまでのペンタブレットとは一線を画する性能と扱いやすさに、まさにプロの方も愛用者がとても多くなってきています。

②Smart Keyboard
iPad ProをPCに変えるキーボードはProシリーズだからこそ利用できます。
通常のBlutoothキーボードと違い側面にある磁石部分で接続され、
いままで取ってつけたような外部入力機器をしっかりカスタマイズされた実用性に溢れた入力方法に変えてくれます。

③スピーカー
スペック上のスピーカーの数ではわかりませんが、
Proシリーズはスピーカーが前面に向けて音を発する仕様、
iPadは本体下部から音を発生する仕様となっています。

この違いは体感しないと良さが伝わりづらいのですが、
自分の方を向いて音が出るかそっぽを向いて出るかは圧倒的な違いがあります。

④ディスプレイ
今回の新しいiPadには反射防止コーティングが施されていません。(mini 4は有)
多少顔の映り込みなどが気になるかもしれません。
9.7インチiPad Proには他にも広色域ディスプレイ(P3)やTrue Toneディスプレイなどが備わっており、より鮮やかな表現力をもつディスプレイであることがわかります。

どのiPadを選ぶか

大きさというハードのどうしようもない違いはもちろん。
価格と用途で必要なものを決める選択する必要があります。
それだけ自分の必要なレベルのものをそれ相応の価格で選べるラインナップとなったということです。

おそらく先程のiPad Proならではの機能を必要か否かで選択しておけば間違いないと思います。

なにかにこだわるならiPad Proシリーズ

タッチペン、キーボード、スピーカー、画面、
どれかこだわりたければやはりProシリーズにすべきかと思います。

画面はもしかすると気にならないかもしれないんですが、
その他の要素は圧倒的にProシリーズで行えることの方が快適で高性能です。

ネットサーフィンや簡単な仕事用なら通常のiPad

例えばネットサーフィンやちょっと動画サービスと見るくらいなら通常のiPadと、という感じでしょうか。
ネットサーフィンに関してはほぼ遜色がありません。
一家に一台とりあえず置いておくなら通常のiPadで十分かもしれません。

極端に言えば先の要素が違いなので、
例えば読書やゲーム、仕事の資料やメールチェック、就職活動での活用などは通常のiPadで十分だと思います。
Apple Pencilでかっこよく仕事をする人もいますけどね!

価格の違いは

Wi-Fiモデルの価格をチェック

【Wi-Fiモデル】9.7インチiPad Pro12.9インチiPad ProiPadiPad mini 4
32GB62,800円82,800円37,800円-
128GB72,800円92,800円48,800円45,800円
256GB82,800円102,800円--

auで購入する場合は

毎月割等キャンペーンの兼ね合いがあるため後日記載

sponsored link

down

コメントする




*

au

iPhone,iPad,iPod,他Apple

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

レビュー

個人保存用

契約したら覚えておきたいこと

旧-MobilePanda-記事

未分類

特集



sponsored link

Archive

Category