-MobilePanda- | auの情報とガジェットと

auの今年のエイプリルフールネタは・・・

time 2017/04/01

auの今年のエイプリルフールネタは・・・

もはや毎年恒例となった企業のエイプリルフールネタ合戦。
そして今年のauのエイプリルフールネタとは・・・。

sponsored link

まずはこれまでのネタをおさらい

2012年

MAKYU 01
ぶっ飛び度:★★★☆☆

巨人の星に登場する「大リーグボール養成ギブス」を取り入れたネタ。

2013年

zzz Phone Bed
ぶっ飛び度:★★★★★

オタクな開発者のおじさんが最高にぶっ飛んでいるネタでした。

2014年

週刊スマホを作る
ぶっ飛び度:★★★★☆

ありそうでないDeAGOSTINIの週刊シリーズの「スマホ」。
auの動画作りのセンスが光ってました。

2015年

3TARO BIGINS
ぶっ飛び度:★★☆☆☆

三太郎シリーズの好調からエイプリルフールネタの手抜きがはじまったのがこの年から。

2016年

偽三太郎
ぶっ飛び度:★★☆☆☆


どうせやるならその日だけ全国版のCMを差し替えてほしかった。
ネット限定だったため印象も薄かったです。

そして2017年、これってどうなの

sponsored link

2017年はエイプリルフールネタをやったのかどうか、これも微妙なレベルです。

というのも今年の4月1日に公開されたのがコチラ

いつもは4月1日限定で完全にネタと認識できるものなんですが、
今年はauの公式Twitterこそ「#エイプリルフール」のハッシュタグをつけてつぶやいているものの、
公式HPはいたって真面目なんです。


auのCMソングである4曲をネタアレンジするという企画。
しかも公開期間はなんと「4月7日」まで。

あー実質auのエイプリルフールネタは終わってしまったのか、と肩を落とす朝となりました。
唯一の救いは大真面目にコメントする(一寸法師役とも紹介されない)前野朋哉氏。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

au

iPhone,iPad,iPod,他Apple

ごあいさつ

はじめに

パンダ

ホーム画面カスタマイズ

個人保存用

契約したら覚えておきたいこと

旧-MobilePanda-記事

未分類

特集



sponsored link

Archive

Category